子育て費用

妊娠・出産は総額いくらかかる?一覧で補助金と必要額を確認しよう!

 

妊娠をすると、何にいくらかかるのか気になりますよね。

「妊娠・出産にかかる費用」を一覧でまとめてみました。

どんな補助があるのか?
ご自身の場合はいくらになりそうか?

一気に確認しちゃいましょう。

田中伶 著書「節約するなら弁当やめろ」
出版を記念し、Amazon電子書籍を今だけ無料でプレゼントしています。

妊娠・出産は総額いくらかかる?

妊娠・出産にかかる費用の総額は、

約48万円です。



この数字は自己負担額の合計です。

妊娠・出産自体の費用は思ったより少ないと感じるのではないでしょうか?
恐るべきはベビー用品ですね。

もちろん、この金額はあくまで目安です。
出産方法などによって変わってきますよ。

まずは一覧をご覧ください。

妊娠・出産にかかる費用一覧

 

 

出産に直接関わる費用一覧

 

それぞれの費用のポイント

それぞれの費用のポイントについて見ていきます。

 

妊婦検診費用


妊婦検診費用の自己負担額は、

6万円くらい。

これは総額から補助金を引いたあとの金額です。

初診料だけ少し高くて、5,000~1万円くらい。
その後の検査費用は3,000~7,000円×14回程度です。
検査は14~16回くらい行くことになりますよ。

妊娠初期は基本の検査とは別に、特別な検査をすることもあります。
病院によっては初診料に含まれていたりしますが。
大体1~3万円くらいです。

金額に幅があるのは、病院によって金額が違うから。
ご自身の通う病院の費用を、一度整理してみて下さい。

 

妊婦検診補助券

妊婦検診補助券(検診チケット)の金額は、

1回目:10,850円
2~14回目:5,070円
総額76,760円

東京23区であれば大体こんなところです。
※市区町村によっては1枚多かったりします。

「えっ?初回検診もう終わっちゃったよ!チケット使えなかったわ!もったいない!」
と思った方。

1回目というのは、「検診チケットを初めて使う時」という意味です。
「初めて妊婦検診した時」という意味ではないのでご安心ください。

※補助券については後日、詳しく解説します。

出産費用


出産費用は出産方法によって大きく変わります。
それぞれいくらかかるのか見ていきましょう。

 

自然分娩のケース

基本は50万円くらい。

 

帝王切開のケース

帝王切開になってしまった場合は、普通分娩+10万円くらいかかります。

実際の費用は20~24万円程度です。
ただし、帝王切開は健康保険の適用され、3割負担になります。

さらに、高額療養制度の対象にもなるので、結果的に10万程度ですみます。

※もし民間の医療保険に入っていないなら、妊娠がわかり次第すぐ加入することをオススメします。「28週を過ぎてからの加入は、妊娠に関わる手術・入院を保障しない」など条件をつけられるケースがあります。

 

無痛分娩のケース

無痛分娩費用は、都内だと70~100万くらいはかかります。

病院により幅がありますね。

無痛分娩を選択していたのに、いざ陣痛が始まった時に医者がいない!
なんて事になると、結局普通分娩になったりします。
そもそも医者が1人しかいない所はオススメしませんが・・・。

そんなトラブルが嫌な方は、24時間365日対応か、計画分娩が良いでしょう。
その分価格は上がってきます。

 

出産育児一時金

出産育児一時金として、42万円がもらえます。

かなり大きいですよね。

双子ちゃんの場合は分娩費用も+35万くらい上乗せになります。
ただ、出産育児一時金」は2人分の84万円もらえるので、
費用は心配しなくても大丈夫ですよ。

また、残念ながら流産、死産、中絶となってしまった場合でも、妊娠85日以上たっていれば一時金を受け取ることができます。

受け取り方は、次の2通りから選べます。

  • 病院窓口で42万円を差し引いた分だけ支払う。
  • 病院窓口では自分で支払い、後で42万円もらう。

42万円もかからなかった場合、余った金額もちゃんと受け取れますよ。

《出産育児一時金と出産手当金の違い》

「出産育児一時金」

→出産の費用のサポート。

「出産手当金」
→産休中の給料のサポートです。

そのため今回の記事では手当金の解説を割愛しています。

 

マタニティ用品、ベビー用品

こちらは合計で、

約34万円


といっても、かなり個人差が出てくると思います。
人によっては、34万では足りないかも知れません。

ベビーカー1つとっても、4万円のもあれば10万以上するものもありますからね。

具体的には、

  • 入院用品(パジャマや日用品)
  • ベビーウェア
  • ベビー寝具
  • 衛生用品(ベビーバス、せっけん、シャンプーなど)
  • おむつ用品
  • お出かけ用品(ベビーカー、チャイルドシート)
  • 授乳用品(哺乳瓶、消毒器、粉ミルクなど)
  • その他おもちゃ

etc…

結構なリストになってしまうので、別記事にまとめてあります。

見落としがちな費用

最後に見落としがちな費用についてお伝えします。

妊娠・出産費用について調べても、出てこないことが多い項目がこちらです。

  • 出産前診断、染色体検査(7~20万)
  • 引っ越し費用
  • 車の購入費用
  • 産後ケア

どの項目も、全ての人に必要ではありません。

しかし、
高齢になってくれば、染色体検査などを考える方もいるでしょう。
出産を機に、引っ越しや車の購入を考える方。
里帰りをせずに、産後ケア施設の手を借りる方もいると思います。

引っ越しや車の購入などは、個人差が大きすぎます。
そのため記事では扱いませんが、
検討されている方は計画に入れておくべきでしょう。

 

まとめ

妊娠・出産にかかる費用は
総額約48万円でした。

あくまで概算ですので、実際にはもっとかかるかも知れません。
直前になって慌てないよう、しっかり準備しておきましょう。

田中伶 著書「節約するなら弁当やめろ」
出版を記念し、Amazon電子書籍を今だけ無料でプレゼントしています。