子育て費用

ベビー用品の費用は一式いくらくらい?準備は出産前に!

 

こんにちは、ゆりかごblog編集長の田中です。

今回は、ベビー用品の費用が一式でいくらかかるのか?

一覧にまとめてみました。

田中伶 著書「節約するなら弁当やめろ」
出版を記念し、Amazon電子書籍を今だけ無料でプレゼントしています。

ベビー用品の費用は一式いくら?

一式で大体26万円くらいです。

ベビー用品についても、かなり個人差があると思います。
その為、目安でしかありません。

こうして表にしてみると、補助が色々と出る妊娠・出産費用そのものよりも、
ベビーグッズを揃える方が大変ですね。

まずは一覧をご覧ください。

 

べビー用品の種類と相場

どんなベビー用品があるのか?
それぞれの相場はどれくらいなのか?

細かく見ていきましょう。

ねんねグッズ

ベビー布団とベッドがなかなかの値段です!

用途がかぶっているものは、どちらを買うか悩んじゃいますよね。
保育士の妻の意見はこんな感じでした。

《ベッド有りorベッド無し》
妻「ベッドはあった方が良いよ。布団は柵がないから出てきちゃう。危ないし、何か作業する時に出てこれない手段があった方が安心だよ」

《ベビーラックorバウンサー》
妻「普段、ラグとか床でくつろぐ人はバウンサー。チェアーもいいけど、赤ちゃんだけ高い位置にいたら変でしょ。」

なるほど、たしかにね。
ご家族の過ごし方で、揃えるものが変わってきそうですね。

 

新生児衣類

メモリアルドレスなんていらなくね??というそこのパパさん。

まぁまぁ、良いじゃないですか。
かわいい思い出の為に飲み会1回我慢したと思えば。

 

おむつ

布おむつは初期費用がかかるものの、最終的な費用は安く済みます。
2人目も使えるというのも便利ですね。

布おむつは1枚150円くらい。
おむつが取れるまでに40~50枚くらい使用します。
1枚1,000円ほどのおむつカバーを用意したとしても、トータルでかかるのは17,000円くらい。

紙おむつは楽ですが、年間6~7万円。
2年間で12万円以上かかることになります。

 

お風呂・衛生グッズ

鼻水吸い器の値幅がすごい。
4,000円ゾーンか13,000円ゾーンで分かれます。

 

おっぱい・ミルク

続いてミルク関係です。
粉ミルクなどは、通販でまとめ買いが安いですね。

 

お出かけグッズ

最後にお出かけグッズ。
ベビーカーの価格がピンキリです。

最近は、レンタルを利用する方も増えてきています。

 

まとめ

ベビー用品一式にかかる費用は、約26万円でした。

ベビー用品は産後すぐに必要なものがほとんどです。
マタニティ用品のように買い足していくことが出来ません。

出産前にしっかり準備をしておきたいものですね。

田中伶 著書「節約するなら弁当やめろ」
出版を記念し、Amazon電子書籍を今だけ無料でプレゼントしています。