税金

ふるさと納税とは?節税メリットを日本一わかりやすく!

こんにちは、すき焼きよりも焼肉よりもしゃぶしゃぶのFPの大仏くんです。

みなさんはふるさと納税使っていますか?
もしまだならば、もったいない!

日本史上最も楽しくできる節税ですよ!
どんなメリットがあるのか、日本一わかりやすくお伝えしましょう☆

 

大仏くん著書
「節約するなら弁当やめろ」
出版を記念しAmazon電子書籍を今だけ無料でプレゼントしています。


クリックして無料で読んでみる
↓ ↓ ↓

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、あなたの応援したい自治体(市とか町)に寄付ができる制度です。

ふるさとでもいいし、全然知らない町でも応援できます。
「寄付したお金をこんな風に使ってほしい!」という方は、使い道を指定することもできるんですよ。

ぴよ吉

ピヨ~、でも知らない町なんて応援する気にならないピヨ!
なんでこんなに話題ピヨ?

大仏くん

うんうん、実は寄付をした人には特別なメリットがあるんです。

 

ふるさと納税の2つのメリット

ふるさと納税を使うメリットは2つです。

  1. お礼の品がもらえる!
  2. 税金が節約できる!

それぞれ詳しく解説しましょう。

 

①お礼の品がもらえる!

寄付をした方には、もれなくお礼の品をプレゼント!
このお礼の品は、各自治体(市とか町とか)によって色んなものが用意されています。

あなたの欲しい品を用意している自治体を選んで寄付できますよ。
ふるさとじゃなくてもOKです。

肉でも米でも、なんでもござれ!
選んでるだけでもわくわくしますよね!
→「ふるさとチョイス」

 

②税金が節約できる!

例えばあなたが10万円を寄付したとしましょう。
すると翌年、98,000円も節税できます。

50万円を寄付したなら498,000円の節税ができます。
2000円以上寄付した分は、税金から引いてくれるんです。

ぴよ吉

まじピヨ!?
大量の肉と米が届いてるのにピヨ!?

大仏くん

マジです。
どんなに高級な肉やら海鮮をゲットしても、2000円以上は返ってくるですよ。

ぴよ吉

やばすぎるピヨ!
2000円で何でもゲット出来るピヨ!
ふるさと納税だけで暮らせるピヨ!

大仏くん

そうも行きません。
年収とか家族構成によって節税できる上限が決まってるんです。

 

あなたが節税できる上限は?

ふるさと納税のポータルサイトで簡単にシミュレーションできます。
→「ふるさとチョイス」

ざっくり知りたい方はこちらの早見表をご参照ください。

※夫婦=ふるさと納税した人の配偶者の収入がない場合です。
子=中学生以下は計算に入れません。例えば、高校生と中学生が1人ずつの計2人いたとしても、子1人として計算します。


 

ふるさと納税の流れ

寄付してから節税できるまでの、実際の流れを見てみましょう!

  1. 自身の節税できる上限額を把握する。
  2. 「ふるさとチョイス」「さとふる」などで、好みのお礼の品を探す。
  3. 各サイトから寄付を申し込む。
  4. 「お礼の品」と「受領証」が届く。
  5. 寄付金控除の手続きをする。
  6. 税金が戻ってきたり、減らしてもらえたりする。

というシンプルなものです。

ぴよ吉

⑤寄付金控除手続きだけやたら難しそうピヨ!
漢字が多いピヨ!

大仏くん

たしかに、ここが面倒そうであきらめちゃう人がいますね。
でもけっこう簡単なもんです。
控除手続きについて詳しく解説するね。

※そもそも「控除」ってなに?という方はこちらをご参照ください。
確定申告と一緒に学んじゃいましょう!
「確定申告とは?会社員の確定申告を日本一わかりやすく!」

 

ふるさと納税の控除手続き

寄付金控除の手続きをする方法は2つ。

  1. 確定申告する。
  2. ワンストップ特例制度を使う。

簡単にご説明しましょう!

①確定申告する。

確定申告ってなに!?という方はまずこちらをご覧ください。
「確定申告とは?会社員の確定申告を日本一わかりやすく!」

お礼の品と一緒に届いた「寄付金受領証明書」を大事に取っておいてください。
翌年の2/16~3/15の間に確定申告する時に使います。

確定申告するのに必要なその他の書類や、手続き方法はボリューミーなので別記事をご参照くださいませ。

ぴよ吉

確定申告とか・・・。
急にめんどくささMAXピヨ!
恋が冷めたピヨ!

大仏くん

そんなこともあろうかと、確定申告をしなくても手続きする方法があるんです。
それがこれ。

 

②ワンストップ特例制度を使う

ワンストップ特例制度とは、
「確定申告しなくても、簡単に寄付金控除の手続きができるよ!」という制度です。

ただし!使えるのは、1年間で寄付先が5自治体以内の時だけです。

ワンストップ特例制度を使う際の注意点

  1. 寄付する度に、自治体に申請しないといけない!
  2. 提出期限は翌年1月10日まで!
  3. 確定申告と併用できない!
    ※確定申告はふるさと納税でだけ使うわけじゃないからね。

気をつけなきゃいけないのは、大体こんなもんです。
もっと詳しく知りたい方はこちら☆
→●●●

 

まとめ

ふるさと納税がどんなものか、なんとなくお分かり頂けたでしょうか?

お礼の品に普段使うものを選んだら、食費の節約にもなりそうですね☆
お米とかね!

せっかく国が用意してくれた、節税サービスです。
ガンガン使っちゃいましょう。

まぁ確定申告とかは、さくっと表面だけ把握して、あとは手続きの時に改めて調べればいいんですよ。
それよりまずは、ご家族とお礼の品を選んでみては?☆

 

 

大仏くん著書
「節約するなら弁当やめろ」
出版を記念しAmazon電子書籍を今だけ無料でプレゼントしています。


クリックして無料で読んでみる
↓ ↓ ↓